Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchJapaneseRussianSpanish

★はじめに『オーディオのルーツ蓄音器』

オーディオのルーツ 蓄音機

『蓄音機』は西暦1,800年代後半に生まれました。

弊社ではオーディオテクニカの創業者 松下秀雄が収集した蓄音機の一部、25台を大切に保管しております。

蓄音機が発明されてから約1世紀半。それでも人類の歴史からしますと最近の出来事です。蓄音機が発明されるまでは音を録音再生するといった技術が無く、音楽を聴こうと思ったら演奏会に行くしかありませんでした。音楽産業がオーディオを進化させ、オーディオの進化が音楽産業を変えるという相乗効果で20世紀から21世紀にかけて音響機器は加速度的に進化を遂げましたが、その分複雑化してきています。そのためメディアフォーマットが変わりますと音が聴けなくなるオーディオ機器も出てきました。そういう意味では単純メカ、シンプル構造の蓄音機は機械式なので壊れても修理できるのが強みですし、電気を使わない事で100年以上経っていても当時の音楽をそのま演奏できるという”凄さ”があります。現在のアナログレコードブームに伴って再びSPレコードと蓄音機が脚光を浴びています。それは蓄音機でしか聴く事の出来ない音楽(SPレコード)があるからです。音楽は、人間が生きていくうえで切っても切れない関係にあるという証拠なのかもしれません。SPレコードはタイムマシーンであり、音楽産業の歴史的証人でもあるのです。空気振動を機械振動に変えレコードに音溝を刻む。刻まれた機械振動を空気振動に戻し音にするという単純な構造を持つ蓄音機こそ究極のオーディオなのかもしれません。

※2014年に東京都町田市のオーディオテクニカ本社ギャラリーにありました蓄音機コレクションから、約130台の蓄音機を福井県に寄贈し福井市の

 『福井県立こども歴史文化館』3Fのコレクション広場

にも常設展示されています。

※また毎月第三日曜日 14:00~30分間 SPレコードコンサートが開催されています。

写真のレコードは、1950年頃に登場しましたEP(45回転/分)・LPレコード(33回転/分)以前のレコードです。大きく分けて3種類。

・エディソンが最初に音の記録と再生を行う為に作った

 『縦振動型 ロウカン』(写真中央) 120回転/分

・ベルリナーが開発をしました

 『横振動型 円盤 SPレコード』(写真右側)78回転/分

・エディソンが作りました

 『縦振動 円盤レコード』

 (通称:ダイヤモンドディスク)(写真左側)80回転/分 

 

SPレコードコレクション

弊社にはクラッシックを中心にJAZZ・ポピュラー音楽等々約1200枚のレコードコレクションがあります

その中には創業者が幼い頃に聴いて心を震わせたといわれる楽曲も多数含まれています