Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchJapaneseRussianSpanish

カーボンニュートラル活動

弊社ではカーボンニュートラルに向けて、2017年から具体的活動をしております。

日照時間が少なく雪が降る福井県の土地柄、太陽光発電等の設備はリスクが大きくハードルが高い事から、まずは電力の削減をテーマに活動を開始しました。

■構内の電力を必要とする機器の分析

  北陸電力株式会社、AOIエネルギーソリューション株式会社、ダイキンHVACソリューション北陸株式会社、福岡電機 

  4社様にご協力頂き実施。

■データ分析の結果、社内には大電力を必要とする設備は存在しておらず、消費電力が大きなものとして

 1_エアコン 90基

 2_照明   旧館650灯  新館700灯

  が主に電力を使う機器である事が判明し、この2つに的を絞って対策をしていく事になりました。

■トピックス (2022年8月13日現在) 

 1_エアコン交換による冷房効率の改善。

  設置が15年以上前の効率の悪いエアコンと、全廃フロンHCFC(R22)を使用している対象機種を排除し新しいエアコンに交換。

  ・2018年 5月~7月 24台の対象エアコン交換実施

  ・2019年 5月~9月 14台の対象エアコン交換実施

  ・2021年 7月~8月 4台の対象エアコン交換実施

2_蛍光灯をLEDに交換し消費電力の削減

  ・2017年8月 旧館約600灯の蛍光灯をLEDに交換実施 ⇒ 旧館電灯の消費電力を計算上約60kw⇒20kwに

  ・2022年7月 新館約700灯の蛍光灯をLEDに交換実施 ⇒ 新館電灯の消費電力を計算上約36kw⇒12kwに

更に調査頂いて見つかった問題点として

 3_新社屋のエアコン室外機のロス

  ・2022年 2月 効率を悪くしている1つの原因(ショートサーキット)が見つかり改善

    新館エアコン室外機天面に設置されている防雪メッシュを取り除き

    降雪センサーで天面の降雪を吹き飛ばすシステムに変更。

    ※ショートサーキット

     :エアコン室外機天面排気が、天井の防雪メッシュにあたって跳ね返り

      吸気に回り込んで効率を悪くしてしまう症状

【室外機防雪メッシュ装着状態】

天面から排気された風が、メッシュで

はね返り、室外機の吸気に回り込み

エアコンの効率が落ちる状態が発生。

 = ショートサーキット

【室外機天井防雪メッシュ撤去】

室外機天面から出たエアコンの排気

は吸気に戻らず、そのまま上に放出

されるように改善。この対策により

今まで効きが悪かった新館の冷暖房

が、良く効くようになりました。

【降雪対策 スノーセンサ】

福井は冬に降雪があり、室外機上部

の排気ファンに雪が溜るとエアコン

の排気が出来ず故障してしまう為

降雪を感知して室外機天面ファンを

自動で回転。雪を吹飛ばす装置を追加

して対策。

 4_キュービクル(高圧受電変圧器)

  2018年 8月 旧館の古いキュービクル(変圧器に環境負荷物質PCB含有)を交換実施。

   古いモデルは効率が悪く約7kwの電力ロスが発生していたもの。

 5_作業場所の集約化     

  ・2019年 広範囲に分散していた技術実験室を、旧館から新館2Fに集結実施

2016年 未対策の年度をベースにして、2021年までの電力推移状況です。

 

見やすいように2016年(対策前)と、2021年

(旧館蛍光灯650灯LED化&入れ替え対象エアコン42台交換後)のデータ比較してみました。

何も対策をしていない2016年に比べて2021年(旧館LED化&対象エアコン42基交換)のデータを見ますと

年間対比75%まで使用電力が少なくなっている事がわかります