Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchJapaneseRussianSpanish

・無響室

低周波音響(Audio Frequency=AF)技術

音は空気振動です。

お部屋の中で音を出しますと定在波(直接音と反射して来る間接音)の位相のズレで、音の密度が濃い場所と薄い場所が点在して現れます。これが音響測定では邪魔になります”定在波”といわれる現象です。音響測定において邪魔となる外部からの音を遮断し、壁から跳ね返ってくる反射音を吸収する無響室。マイクロホンやヘッドホンなどの人間との間に空気を介在する音響製品の測定には不可欠な測定設備です。

それぞれの無響室でとられたデータはグループ全体で共有化が図られ、同じ環境で製品の特性を測定できる様にしています。

ヘッドホンやマイク・スピーカーといった音響機器の測定をする為、オーディオテクニカグループとして『AP:オーディオプレシジョン』を基準にして、測定条件の共通化が出来る様に備えています。(Audio Precision=AP)

『B&K:Brüel & Kjær』=B&K 社の測定装置も備えています